乳がんの石灰化について、説明します。 乳管の内側の一箇所にがん細胞が集まり、密度が上がると中心にあるがん細胞まで栄養が届かない状態になり、その結果、壊死状態になります。 その壊死した部位にカルシウムが沈着して、石灰化を生じるのです。 ただ、石灰化が必ずしも乳がんだとは言えません。 乳汁が通る乳管沿いや、母乳を作る際に出る分泌物により生じる場合、繊維腺腫などによっても生じる場合があり、必ずしも石灰化があるからといって乳がんと関係があるとは言えないということです。 乳がんに関連があるものの特徴としては、線状になっていること、枝分かれをしていて広がっている形など、一定の形をしてないことが多く、大きさも大小様々に多様化していると言えます。 しこりとして触れないことも多いため、やはりマンモグラフィーなどの検査で確認することが大事なのです。 石灰化の悪性率はごくわずかであり、ほとんどの場合は良性の石灰化だそうです。 石灰化があったとしても良性の場合が多いのですから、すぐに乳がんだと決めつけずにきちんとこれからの治療方針を医師と相談しましょう。